産廃選別が手軽にできる破砕機器|高精度の瓦礫選別ができる

工事現場

大型瓦礫を分けられる

作業員

建物の取り壊しの際には、大量の瓦礫や土砂が産出されることとなります。それらの瓦礫はスクリーンやふるい機などで選別を行なわなければなりませんが、これらの機器は細かい土砂や瓦礫を分別させるためのものです。大型の瓦礫の選別を初めに行なわなければ、機器の破損などの影響が現れるので、問題となるでしょう。そこで利用ができるのが、大型の瓦礫を選別できる回転式トロンメルです。回転式トロンメルは、機器に土砂を入れることで瓦礫選別を行なうことができます。土砂を回転させ、大型の瓦礫のみを残して他の細かい土砂を取り除くことができます。回転式トロンメルを利用した後に、スクリーンなどで細かい瓦礫選別を行なえば、効率的に産業廃棄物処理を行なうことができるのです。

瓦礫選別を行なうために必須の回転式トロンメルは、非常に堅牢な構造となっているため、大型の瓦礫選別でも問題なく行なうことができます。大きな瓦礫は重量もあり、回転させるごとに機器への負荷も大きなものとなると考えられます。しかし回転式トロンメルは、構造がシンプルであることから重量のある瓦礫選別も難なく行なうことができるのです。耐久性の高さから、どのような現場でも長期間の利用が問題なく行なえることができるでしょう。多くの会社が導入している回転式トロンメルは、パワーショベルなどで簡単に土砂を運び入れることができるようになっています。大型の投入口が設けられているので、ショベルから取りこぼしもなく瓦礫を投入できるのです。いちいち人の手で運ばずに済むので、瓦礫選別における時間も短いものとなるでしょう。