産廃選別が手軽にできる破砕機器|高精度の瓦礫選別ができる

工事現場

ふるい機による素材選別

作業員

工事現場などで処理にこまる産業廃棄物は、振動で選別を行なえる振動ふるい機と呼ばれる機器を導入することで、簡単に選別処理を行なうことができるでしょう。産業廃棄物の中には天然の土砂だけでなく、ガラス片やセメント、木材などさまざまな物質が含まれています。工事で産出されたこれらの物質は素材ごとに選別し、適切な処理やリサイクルによって処分しなければならないものです。しかし、手作業でこれらの素材を取り除くことは難しいため、専用の機器を使用して選別を行なう必要があるのです。素材ごとの選別を行なうことができるのが、振動ふるい機なのです。混合土に細かい振動を与えることによって、素材ごとの大きさや重量によって選別されるので、産業廃棄物処理を問題なく行なうことができるでしょう。産業廃棄物処理のために振動ふるい機は、種類によって多くの機能をもっている機器があるので、性能ごとに現場で活躍できる機器を選ぶとよいでしょう。

産業廃棄物処理ができる振動ふるい機は、回転や風力を使用して選別させられる製品もあります。回転させる振動ふるい機ならば、回転式トロンメルのように大型の瓦礫も簡単に選別させることができるでしょう。また、風力を組み合わせた振動ふるい機ならば、振動による選り分けとともに、重量の軽いプラスチックや木材チップなどの選別も可能となるのです。通常の振動ふるい機では選別が難しい木材チップやプラスチックも、この風力を組み合わせた振動ふるい機ならば、一台で効率的に分けられるので産業廃棄物処理も簡単に行なうことができるでしょう。